インプラントブリッジ

歯は、健康でいるためには、一生なければいけない友のような存在です。食べるという行為ができなくなってしまうと、人間は栄養だけを摂取しても健康ではいられなくなっていきます。経口摂取できるということは、とても重要なことになるため、歯の健康を維持することも大切なことになるといえるでしょう。

歯の治療はとても大切なことなのですが、自分の歯がなくなってしまうと、どうしても入れ歯にしなければいけなくなります。差し歯をブリッジして入れることができると、まだ自分の歯としての感覚がありますが、入れ歯になってしまうと違和感を覚えることも多くなってしまいます。これが、大きな問題で、外している時間が長くなって、さらに合わなくなってしまうことも出てきてしまうものなのです。複数の歯を失った場合でも、入れ歯にすることがありますので、加齢ということだけが入れ歯に関する理由ではないというところも重要でしょう。

入れ歯の問題が大きく変化したのは、インプラントの浸透がありました。あごの骨にインプラント体を埋め込み、義歯を取り付ける方法で、自分の歯と同じ感覚で食べ物をかむことができるようになります。強度も出せることから、インプラントブリッジという方法を選択することもできるのです。

大変便利なインプラントブリッジですが、費用の問題もありますし、いったいどんなことをするのかという疑問もあるでしょう。まだまだ、知られていないことも多いインプラントですので、今後の歯科治療のためにも参考にしてみてはいかがでしょうか。