味覚の変化

インプラントブリッジは、非常に便利な方法になりました。天然の歯とほとんど変わらないような状態にできますし、見た目にも違和感を覚えない作りにできます。

歯として優れた性能を持つインプラントブリッジですが、実はこれだけではないのが特徴です。それが食べ物の味を感じる味覚にあります。味覚ということを考えた場合、歯は直接感じないと思うことでしょう。しかし、そんなことはありません。総入れ歯にしてしまったときには、熱を感じなくなります。そのため、何かを食べても感触に違いがあり、味も鈍化してしまうことになるのです。だからこそ、できるだけブリッジにしていこうとするわけですが、支える歯がなければ実現することができません。ですが、インプラントブリッジにすることにより、この熱を感じることができるようになるのです。

この差は、総入れ歯にしたときに歯茎まで覆わなければいけません。ところが、インプラント体で支えることで、直接歯茎に触れることができるため、自然な歯と変わらない感覚になれるのです。その結果、何かを食べたとしても、自然な感覚に近くなり、味覚も鈍くなったりすることがありません。これがとても重要なポイントになるといえるでしょう。