メリットとデメリット

強度の高いインプラントブリッジは、自分の歯と変わらない感覚になることが可能です。味の変化もほとんどなく、自分の歯であるという感覚になっていきます。しっかりと歯が入りますので、口元にしわができたりすることを防ぎ、若く見せることもできるようになるでしょう。白く美しい歯にすることができますので、見た目にもとても自然で美しい状態に戻すことができるのです。

メリットの高いインプラントブリッジではありますが、デメリットがないわけではありません。最も大きなデメリットは、自由診療であり、自費治療になってしまうのです。つまり、保険は適用することができず、かなりの高額になってしまうことになります。病気で歯を失ってしまったような例外もありますが、美しい歯を手に入れることができる代わりに、高額な医療費という代償があるともいえるのです。

インプラント体の本数は少ない数で済ますことができますが、治療期間ということを考えた場合、入れ歯をつくったりすることに比べて短期では終わりません。かなりの期間を考えていかなければならず、その後もメンテナンスを繰り返していかなければいけない点もデメリットになるといえるでしょう。ですが、そのデメリット以上のメリットがあるからこそ、インプラントブリッジは選ばれるようになってきているのです。