入れ歯の代わりに

インプラントの治療の基本は、あごの骨にインプラント体という金属を埋め込むところからスタートします。自分の歯を失ってしまった場合であっても、このインプラント体があるおかげで、あごからつながった歯を作り出すことができるのです。

インプラント体は、やがてあごの骨と癒着してつながります。これが強度の元になるわけですが、何も1本のインプラント体に1本の義歯をつなげなければいけないわけではありません。強度を出すことができるようになるため、数本のインプラント体を埋め込むことで、多くの歯をカバーできるのです。これをインプラントブリッジと呼んでいます。

インプラントブリッジにすることで、本来総入れ歯になっているような状態でも、数少な本数を埋め込みすべての歯をカバーすることさえ可能です。もちろん一部にだけも適用することができ、交通事故で前歯を失ってしまったようなときでも、数本のインプラントで前歯全体をカバーできます。体の負担も下げることができますし、ほとんど自分の歯と変わらない感覚で使っていくことができるようになるのですから、優れた方法であるといえるでしょう。入れ歯に対して嫌悪感があったり、違和感を覚えてしまったりしているような場合には、このインプラントブリッジは優れた方法となるのです。